大島 直樹

2016-2017年度 科学研究費研究に採択

研究代表者として申請した科学研究費研究 挑戦的萌芽研究「認知症患者の幻視を可視化するツールの開発(研究課題番号:16K12515)」が採択されました。

SPEC
event: 科学研究費研究 挑戦的萌芽研究:Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research
date: 2016-2017
title: 認知症患者の幻視を可視化するツールの開発
JSPS KAKENHI Grant Number: 16K12515
post: 研究代表者:Principal Investigator
abstruct: 本研究の主目的は、レビー小体型認知症(Dementia with Lewy Bodies:以下、DLB)の患者が視ている幻視を可視化することで、介護者の受容を促す感性コミュニケーションの方法とツールを提案することである。

Comments are closed.